レザープロテクトコート|Leather Protect Coat HOMEレザープロテクトコートについて会社概要お問合せ革についてアフターキットケアキット通信販売









1.原皮水洗い
原皮に付着している汚物を取り除く。

2.石灰漬
石灰に漬けて皮を膨らませ、毛を毛根から抜き取る。

3.フレッシング(写真B
皮の表面についている不要物を取り除く。

4.なめし(写真C)
クロムなめし、タンニンなめしなどの方法で皮にいろいろな耐久性を持たせる。
この時点で皮から革になる。

5.背割り
牛、馬などの革では、作業がしやすいように1頭分の革を背筋に沿って半分に分ける。

6.水絞り
水分を取り除くと同時に革を伸ばす。

7.等級選別(写真D)
革の表面(銀面)の欠点が多いか少ないかを見分ける。

8.バンドナイフ
用途に応じて革の厚みを分割する。

9.シェービング(裏削り)(写真E)
用途に応じて革を削って最終的な厚みにする。自動車シートは1.2mm ~ 1.3mm。

10.再なめし・加脂・染色(写真F)
革のやわらかさなどを調整しながら染色する。

11.セッター(伸ばし)
染色した革の水分を取り除くと同時に革を伸ばす。

12.乾燥(写真G)
網、金属板などに革を伸ばしながら張って乾燥する。

13.バイブレーション(革もみ)(写真H)
乾燥した革をほぐしてやわらかくする。

14.塗装作業(写真J)
下塗りをする。

15.塗装作業(写真N)
トップコート。

16.型押し(写真K)
革にしぼを付ける。

17.物性試験・外観試験
革の色、強さ、やわらかさなどの品質検査をする。

18.計量(写真O)
革の面積を測る。








革の種類「原料皮」による分類 革の種類「タイプ」による分類 革の種類「仕上げ」による分類
本革製造工程 革のダメージの種類








レザープロテクトコート|Leather Protect Coat